2013年05月31日

歴代6月第1週シングル1位をプレイバック・・・nammyblog vol.87

さて早くも関東は梅雨入りに入りました。
この時期は雨ばかりで湿気も増えて嫌ですね〜
明日から6月、いよいよ夏に突入します。
そんなこの季節、毎年この時期って何が流行っていただろうか?
案外覚えていないものです。
そんな過去を一気に振り返る新コーナー「今週付シングルチャートNo.1を過去まで遡ってみよう!」
今年、昨年、一昨年・・・過去に一緒にタイムスリップしてみましょう。
中途半端に特集組むのも嫌なので、どうせならランキング集計開始から45年分ドドーンと掲載します。
これで過去の今週のNo.1が一気にわかります。

■6月第1週 過去の週間シングルNo.1プレイバック■
※1971年、72年は4週ごとの週間売上発表だった為、週間売上は未記入

2013年6月3日付 AKB48/さよならクロール/週間176.3万枚
2012年6月4日付 AKB48/真夏のSounds good!/週間161.7万枚
2011年6月6日付 AKB48/Everyday、カチューシャ/週間133.4万枚
2010年6月7日付 AKB48/ポニーテールとシュシュ/週間51.3万枚
2009年6月1日付 福山雅治/化身/週間13.1万枚
2008年6月2日付 Hey! Say! JUMP/Dreams come true/週間18.1万枚
2007年6月4日付 V6/ジャスミン/週間6.8万枚
2006年6月5日付 福山雅治/milk tea/週間18.6万枚
2005年6月6日付 ORANGE RANGE/ラヴ・パレード/週間22.4万枚
2004年6月7日付 Mr.Children/Sign/週間37.0万枚
2003年6月2日付 w-inds./SUPER LOVER/週間7.8万枚
2002年6月3日付 w-inds./Another Days/週間10.1万枚
2001年6月4日付 Kinki Kids/情熱/週間37.5万枚
2000年6月5日付 B'z/May/週間45.7万枚
1999年6月7日付 Kinki Kids/フラワー/週間36.8万枚
1998年6月1日付 hide with Spread Beaver/ピンク・スパイダー/週間51.4万枚
1997年6月2日付 安室奈美恵/How to be a Girl/週間32.9万枚
1996年6月3日付 サザンオールスターズ/愛の言霊/週間27.6万枚
1995年6月5日付 中島みゆき/旅人のうた/週間19.2万枚
1994年6月6日付 trf/survival dAnce~no no cry more~/週間19.0万枚
1993年6月7日付 ZARD/揺れる想い/週間20.4万枚
1992年6月1日付 米米CLUB/君がいるだけで/週間24.9万枚
1991年6月3日付 TMN/Love Train/週間17.3万枚
1990年6月4日付 矢沢永吉/PURE GOLD/週間6.1万枚
1989年6月5日付 浜田麻里/Return to Myself/週間5.6万枚
1988年6月6日付 中森明菜/TATTOO/週間4.5万枚
1987年6月1日付 おニャン子クラブ/かたつむりサンバ/週間4.2万枚
1986年6月2日付 福永恵規/風のインビテーション/週間9.8万枚
1985年6月3日付 菊池桃子/BOYのテーマ/週間8.5万枚
1984年6月4日付 田原俊彦/騎士道/週間7.0万枚
1983年6月6日付 薬師丸ひろ子/探偵物語/週間14.1万枚
1982年6月7日付 岩崎宏美/聖母たちのララバイ/週間7.1万枚
1981年6月1日付 寺尾聰/ルビーの指環/週間5.6万枚
1980年6月2日付 シャネルズ/ランナウェイ/週間6.0万枚
1979年6月4日付 ジュディ・オング/魅せられて/週間6.6万枚
1978年6月5日付 沢田研二/ダーリング/週間4.8万枚
1977年6月6日付 さだまさし/雨やどり/週間4.9万枚
1976年6月7日付 ダニエル・ブーン/ビューティフル・サンデー/週間7.9万枚
1975年6月2日付 布施明/シクラメンのかほり/週間6.4万枚
1974年6月3日付 中条きよし/うそ/週間7.5万枚
1973年6月4日付 浅田美代子/赤い風船/週間4.6万枚
1972年6月5日付 小柳ルミ子/瀬戸の花嫁/週間--万枚
1971年6月7日付 尾崎紀世彦/また逢う日まで/週間--万枚
1970年6月1日付 藤圭子/圭子の夢は夜ひらく/週間8.4万枚
1969年6月2日付 由紀さおり/夜明けのスキャット/週間7.2万枚
1968年6月3日付 千 昌夫/星影のワルツ/週間9.2万枚


2010年から今年まで4年連続でAKB48が1位ですね。
ということは全てシングルは5月4週目に発売を組まれていたわけです。総選挙絡みの日程からでしょうね。
しかし90年代の週間1位はレベルが今と全く違いますね。
それだけCDが売れていた黄金期なわけですが、95年中島みゆきや93年ZARD、92年米米CLUBは2週目以降の週間売上だから参ります。
今の2週目売上といったら初動売上の1割以下に落ち込みますからね。2週目以上でも10万枚以上を記録していた輝かしい時代です。
80年代は週間売上が10万枚を割っていますね。レコード終焉時代やレンタル事業の拡大によりレコード購買に大きく影響をもたらせた時期でもありました。
当時の週間10万枚は偉業に近い記録でしたよ。それでもロングセラー型が主流だったので1週目で1位獲れなくても翌週以降に1位を獲得する作品の方が圧倒的に多かった時代。
今のように初登場1位はなかなか成せなかったのが70年代〜80年前期なんですよね。
その定義を壊したのが80年代中期の「おニャン子ブーム」でした。
posted by nammy at 12:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

HIT CHART FLASH BACK vo.6<1994年4月4日付>・・・nammyblog vol.74

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

今回は今から19年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。

1994.4/4付No.1

福山雅治「IT'S ONLY LOVE」.jpg
◆1994年(平成6年)4月4日付ヒットチャートTOP20
※青文字は初登場曲

今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
1位/-/-/20.1万枚/福山雅治/IT'S ONLY LOVE
2位/-/-/14.1万枚/米米CLUB/ア・ブラ・カダ・ブラ

3位/2/2/11.8万枚/中山美穂/ただ泣きたくなるの
4位/-/-/8.6万枚/hide/TELL ME
5位/4/4/8.3万枚/NOKKO/人魚
6位/5/5/7.4万枚/藤谷美和子・大内義昭/愛が生まれた日
7位/1/-/6.2万枚/LINDBERG/GAMBAらなくちゃね
8位/-/-/5.8万枚/To Be Continued/君だけを見ていた
9位/-/-/5.3万枚/諸星和己/一匹狼 LONELY WOLF
10位/-/-/5.2万枚/SAY・S/HAPPY ROAD


11位/3/1/5.0万枚/SMAP/Hey Hey おおきに毎度あり
12位/6/6/4.8万枚/高橋真梨子/遥かな人へ
13位/8/-/4.6万枚/工藤静香/Blue Rose
14位/7/7/3.9万枚/尾崎 豊/OH MY LITTLE GIRL
15位/14/12/3.5万枚/Mr.Children/CROSS ROAD
16位/17/17/3.4万枚/高橋由美子/友達でいいから
17位/9/3/3.3万枚/B'z/Don't Leave Me
18位/11/8/3.2万枚/ZARD/この愛に泳ぎ疲れても
19位/-/-/3.1万枚/MIYA&YAMI/神様の宝石でできた島
20位/10/-/3.1万枚/宇徳敬子/愛さずにはいられない

最大上昇曲:79位←81位(2ランクアップ)/やしきたかじん/東京
最大下降曲:96位←62位(34ランクダウン)/東野純直/君だから


◆今週のTOP100注目曲(21位〜100位)
33位(初)/竹内まりや/明日の私
37位(↑)/松阪晶子/満月
39位(初)/中村雅俊/迷いながら
52位(↓)/m.c.A・T/ボンバ・ヘッド

福山雅治初動20.1万枚で初の1位へ!
TOP10内6作が初登場!注目は8位 To Be Continuedが自己最高位へ!
ドラマ効果で次週以降期待!


今から19年前のヒットチャートでした。
福山雅治が初めて1位を獲得した週でしたね。
来週には福山さんもドラマ「とんび」の主題歌が発売されますね。そう考えると19年という年月を経ても上位にランクインする人気ぶりは素晴らしい事ですね。
TOP20内の面子を見てもSMAP、Mr.Children、B'zと現在も変わらず1位の常連グループは健在ですね。

posted by nammy at 21:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

HIT CHART FLASH BACK vo.5<1999年3月29日付>・・・nammyblog vol.64

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

今回は今から14年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。

1999.3/29付No.1

速水けんたろう・茂森あゆみ「だんご3兄弟」.jpg

◆1999年(平成11年)3月29日付ヒットチャートTOP20
※青文字は初登場曲


今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
1位/1/1/58.2万枚/速水けんたろう・茂森あゆみ/だんご3兄弟
2位/-/-/20.0万枚/安室奈美恵/RESPECT the POWER OF LOVE
3位/-/-/19.9万枚/鈴木あみ/Don't Leave me behind
4位/-/-/10.6万枚/ゆず/サヨナラバス

5位/5/6/6.8万枚/Hysteric Blue/春〜Spring〜
6位/-/-/6.1万枚/相川七瀬/COSMIC LOVE
7位/2/2/5.9万枚/宇多田ヒカル/Movin'on without you(12cm)
8位/21/30/4.1万枚/Yuko Yamaguchi/believe
9位/13/19/4.1万枚/フェイ・ウォン/Eyes On Me in FINAL FANTASY [
10位/6/3/3.9万枚/Kinki Kids/やめないで、PURE


11位/8/7/3.9万枚/Dragon Ash/Let yourself go Let myself go
12位/11/11/3.3万枚/宇多田ヒカル/Automatic(12cm)
13位/4/-/3.1万枚/the brilliant green/長いため息のように
14位/9/9/3.0万枚/GLAY/WInter again
15位/12/12/2.9万枚/宇多田ヒカル/Movin'on without you
16位/14/10/2.4万枚/SPEED/Precious Time
17位/18/4/2.4万枚/THE YELLOW MONKEY/SO YOUNG
18位/3/-/2.3万枚/CHAGE & ASKA/この愛のために
19位/17/4/2.2万枚/Every Little Thing/Someday Someplace
20位/10/-/2.0万枚/DA PUMP/Joyful

最大上昇曲:8位←21位(13ランクアップ)/Yuko Yamaguchi/believe
最大下降曲:98位←48位(50ランクダウン)/Plastic Tree/トレモロ


◆今週のTOP100注目曲(21位〜100位)
30位/初/明石家さんま&所ジョージ/明石家さんまさんに聞いてみないとネ
46位/初/19/あの紙ヒコーキくもり空わって
49位/初/DOUBLE/shake
95位/初/bird/SOULS

「だんご3兄弟」今週も高得点でV3!早くも239万枚突破!!!
2位安室奈美恵、3位鈴木あみと小室作品上位初登場!
Yuko Yamaguchi「月9」挿入歌ドラマクライマックスに向けて21位→8位急上昇!
9位フェイ・ウォン、FFテーマソングで次週以降動向に期待!



今から14年前、世紀末のチャートです。
安室奈美恵、鈴木あみと小室ブーム終焉の頃のヒット作がランクインしてますね。
今と違うのはまだシングルが8cm盤時代だったこと。
12cmシングルこそ今では当り前になっていますが、この頃のチャートを見ると8cmと12cmを両方リリースしている宇多田ヒカルなど、まだマキシ化が完全に移行していない初期の段階ですね。
しかし「だんご3兄弟」の3週目で58万枚ってスゴイですね。この頃は真剣に「たいやきくん」を超えるのかワクワクしながらチャートを見ていた自分が懐かしく思います。
結局は短命ですぐに下降してしまったため「たいやきくん」超えは実現できなかったんですけどね。

posted by nammy at 18:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

HIT CHART FLASH BACK vo.4<1986年3月24日付>・・・nammyblog vol.53

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

今回は今から27年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。


1986.3/24付 No.1

渡辺美里「My Revolution」.jpg

◆1986(昭和61年)3月24日付ヒットチャートTOP30
※青文字は初登場曲

今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
01位/3/5/5.0万枚/渡辺美里/My Revolution
02位/1/1/3.3万枚/吉沢秋絵/季節はずれの恋
03位/4/4/3.0万枚/中森明菜/DESIRE
04位/5/2/2.9万枚/チェッカーズ/OH!!POPSTAR
05位/2/-/2.6万枚/アルフィー/風曜日、君をつれて
06位/9/8/2.1万枚/本田美奈子/1986年のマリリン
07位/11/10/2.0万枚/椎名恵/今夜はANGEL
08位/6/3/1.8万枚/おニャン子クラブ/じゃあね
09位/10/7/1.8万枚/中山美穂/色・ホワイトブレンド
10位/8/-/1.8万枚/田原俊彦/Hardにやさしく


11位/15/19/1.8万枚/チャゲ&飛鳥/モーニング・ムーン
12位/7/-/1.7万枚/原田知世/どうしてますか
13位/-/-/1.7万枚/石川秀美/春霞恋絵巻
14位/12/-/1.7万枚/芳本美代子/心の扉
15位/13/6/1.5万枚/近藤真彦/純情物語
16位/16/-/1.2万枚/少女隊/もっとチャールストン
17位/14/9/1.2万枚/菊池桃子/Broken Sunset
18位/18/16/1.1万枚/湯江健幸/HURRY UP
19位/17/11/1.1万枚/荻野目洋子/ダンシング・ヒーロー
20位/-/-/1.1万枚/ラウドネス/レット・イット・ゴー(12インチ)
21位/20/21/0.9万枚/稲垣潤一/1ダースの言い訳
22位/22/26/0.8万枚/松本伊代/Last Kissは頬にして
23位/21/15/0.8万枚/少年隊/仮面舞踏会
24位/25/30/0.8万枚/神野美伽/じょっぱり船
25位/24/22/0.7万枚/中村あゆみ/真夜中のラナウェイ
26位/30/23/0.7万枚/小林明子/真実
27位/37/38/0.7万枚/CADILLAC/悲しきRadio Station
28位/23/14/0.7万枚/杉浦幸/悲しいな
29位/19/13/0.7万枚/岡田有希子/くちびるNetwork
30位/27/25/0.7万枚/小林旭/熱き心に

最大上昇曲:61位←87位(26ランクアップ)/鎌田英子「トワイライト・アクシデント」
最大下降曲:95位←70位(25ランクダウン)/ビートたけし「ポツンと一人きり」

◆今週のTOP100上昇注目曲(31位〜100位)
37位←48位/KODOMO BAND/ハート・オブ・マッドネス
48位←58位/志賀真理子/フリージアの少年
53位←60位/BOOWY/わがままジュリエット
61位←87位/鎌田英子/トワイライト・アクシデント
67位←78位/大月みやこ/ふたりの灯
76位←88位/スターシップ/セーラ
77位←95位/ホイットニー・ヒューストン/恋は手さぐり
78位←89位/ビリー・オーシャン/ゲット・タフ
81位←100位/五輪真弓/空
88位←94位/鈴木雅之/ガラス越しに消えた夏

渡辺美里登場8週目で初の1位獲得!!!
7位椎名恵、11位チャゲアス自己最高位記録、次週以降の動向に注目!!



今から27年前のヒットチャートです。
小室哲哉作曲として初めてチャート1位に輝いた週でした。
TOP10の顔ぶれを見ても現代でTOP10に入る面子はアルフィーくらいでしょうか。
そう考えると1983年から30年連続でTOP10入りを果たす彼らの人気は本物でしょう。
チャゲアスも活動再開の朗報が流れましたが、まだこの時のクレジットはカタカナ表記でしたね。
大ブレイクするにはもう少し後の話になりますね。
posted by nammy at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

HIT CHART FLASH BACK vo.3<2003年3月17日付>・・・nammyblog vol.45

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

今回は今から10年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。


2003.3/17付 No.1

SMAP「世界に一つだけの花」.jpg



◆2003年(平成15年)3月17日付ヒットチャートTOP30
※青文字は初登場曲

今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
01位/-/-/63.0万枚/SMAP/世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)
02位/1/1/11.0万枚/I WISH/明日への扉
03位/-/-/6.7万枚/倉木麻衣/Time after time〜花舞う街で〜
04位/2/2/6.4万枚/RUI/月のしずく
05位/5/6/4.0万枚/光永良太/Always
06位/-/-/3.5万枚/倖田來未/real Emotion/1000の言葉
07位/7/7/3.1万枚/宇多田ヒカル/COLORS
08位/-/-/2.8万枚/安室奈美恵/Shine more
09位/8/8/2.7万枚/FLOW/贈る言葉
10位/-/-/2.1万枚/FLAME/Remind


11位/6/3/2.0万枚/氷川きよし/白雲の城
12位/-/-/1.7万枚/LIV/FLY
13位/15/12/1.6万枚/中島みゆき/地上の星
14位/3/-/1.5万枚/タッキー&翼/卒業
15位/13/14/1.4万枚/テツandトモ/なんでだろう〜こち亀バージョン〜
16位/11/4/1.3万枚/モーニング娘。/モーニング娘。のひょっこりひょうたん島
17位/17/13/1.2万枚/山下達郎/RIDE ON TIME
18位/-/-/1.2万枚/天童よしみ/夢うぐいす
19位/14/15/1.2万枚/Tommy february6/jet'aime jet'aime
20位/23/26/1.1万枚/林明日香/ake-kaze

21位/22/18/1.0万枚/ロードオブメジャー/大切なもの
22位/16/11/1.0万枚/ロードオブメジャー/雑走
23位/18/9/1.0万枚/嵐/とまどいながら
24位/12/-/1.0万枚/島谷ひとみ/赤い砂漠の伝説
25位/27/28/1.0万枚/夏川りみ/涙そうそう
26位/20/10/0.9万枚/きのこオールスターズ/きのこの唄
27位/46/-/0.9万枚/ビリケン/nagoriyuki
28位/-/-/0.9万枚/ボブ・サップ/SAPP Time!
29位/-/-/0.8万枚/及川光博/ラヴソング
30位/24/19/0.8万枚/一青 窈/もらい泣き

最大上昇曲:98位←121位(23ランクアップ)/石原詢子「きずな酒」
最大下降曲:91位←31位(60ランクダウン)/ゆず「3番線(10万枚限定生産)」

◆今週のTOP100上昇注目曲(31位〜100位)

今週←先週/アーティスト/タイトル
36位←50位/原田悠里/明日の幸せ
39位←47位/遠藤正明/爆竜戦隊アバレンジャー
49位←68位/南こうせつ/国境の風
56位←76位/鳥羽一郎/親子船
88位←110位/AI/最終宣告
93位←112位/ゆず/また会える日まで


SMAPの「世界に一つだけの花」が週間63万枚で初登場TOP!!
TOP10内に5曲が初登場、5位倖田來未自己最高位で早くもブレイク兆し?
13位中島みゆき、今週98.8万枚、次回にもミリオン突破か!



今から10年前のヒットチャート、うーん懐かしい!
現代と比較してみて「たかが10年、されど10年」
上位の顔ぶれにやはり10年の年月は大きいのかなと痛感。

偶然にも今週の1位もSMAPでしたね。そう考えると10年間人気は衰えずに現役アイドルとして維持している凄さを感じます。
このヒットチャートよりも飛躍しているのは嵐と安室奈美恵でしょうか。
どちらも90年代から活躍しているアーテイスト。
アイドルを見るとまだモーニング娘。が一線をリードしてますが、前年度の後藤真希脱退後にハロプロ全体の売上が低迷している頃でもあります。
アイドルグループはどちらかというとジャニーズが一人勝ちしちゃってる時代ですね。
posted by nammy at 12:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

HIT CHART FLASH BACK vo.2<1988年2月29日付>・・・nammyblog vol.36

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

今回は今から25年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。


1988.2/29付 No.1

中山美穂「You're My Only SHININ' STAR」.jpg


◆1988年(昭和63年)2月29日付ヒットチャートTOP30
※青文字は初登場曲

今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
01位/-/-/6.2万枚/
中山美穂/You're My Only SHININ' STAR
02位/1/4/4.2万枚/長渕 剛/乾杯
03位/2/1/2.1万枚/中森明菜/AL-MAUJ
04位/4/3/1.5万枚/浅香 唯/Believe Again
05位/5/6/1.6万枚/光GENJI/ガラスの十代
06位/7/7/1.2万枚/杉山清貴/風のLONELY WAY
07位/6/5/1.2万枚/吉川晃司/プリティ・デイト
08位/3/2/1.2万枚/BOOWY/DAKARA(12インチ)
09位/8/8/1.1万枚/荻野目洋子/ストレンジャーtonight
10位/10/-/1.1万枚/清水宏次朗/TOUCH DOWN


11位/11/-/1.0万枚/西村知美/サクラが咲いた
12位/-/-/1.0万枚/
麻田華子/好きハート(トランプ)嫌い
13位/15/15/1.0万枚/チョー・ヨンピル/想いで迷子
14位/9/-/1.0万枚/島田奈美/タンポポの草原
15位/-/-/1.0万枚/関口誠人/東京・Lovers Map
16位/24/34/0.9万枚/瀬川瑛子/憂き世川
17位/13/11/0.8万枚/池田政典/FORMURA WIND
18位/16/16/0.8万枚/チャゲ&飛鳥/恋人はワイン色
19位/12/9/0.7万枚/中原めいこ/鏡の中のアクトレス
20位/22/30/0.6万枚/KAYOCO/TOY BOY
21位/14/-/0.6万枚/大西結花/ミモザの奇蹟
22位/23/-/0.6万枚/富田靖子/元気ですか!?
23位/17/14/0.6万枚/瀬川瑛子/命くれない
24位/19/18/0.6万枚/仁藤優子/センチメンタルはキ・ラ・イ
25位/21/23/0.5万枚/姫乃樹リカ/硝子のキッス
26位/28/35/0.5万枚/小林幸子/雪椿
27位/25/17/0.5万枚/南野陽子/はいからさんが通る
28位/39/-/0.5万枚/石川さゆり/さよならの翼
29位/30/21/0.5万枚/尾形大作/無鍚旅情
30位/20/13/0.5万枚/TM NETWORK/RESISTANCE

最大上昇曲:49位→65位(16ランクアップ)/加藤登紀子「百万本のバラ」
最大下降曲:29位→61位(32ランクダウン)/田原俊彦「夢であいましょう」

◆今週のTOP100上昇注目曲(31位〜100位)


今週←先週/アーティスト/タイトル
32位←44位/赤坂東児/ヤーレンソーラン北海道
34位←40位/森進一/挽歌の街から
36位←47位/清水宏次朗/ジグゾーパズルのDaydream(12インチ)
41位←46位/大川栄策/舞酔い雪
48位←53位/細川たかし/北緯五十度
49位←65位/加藤登紀子/百万本のバラ
66位←70位/ティファニー/思い出に抱かれて
71位←82位/秋山絵美/キョンシー!!!
74位←89位/天童よしみ/男どうし
86位←91位/財津和夫/ラブストーリーを君に


中山美穂が初登場1位!!
自身にとって初のバラード曲として、コンサートなどでもお気に入りの1曲。
前作「CATCH ME」に続く4か月ぶり2作目の1位。
2位長渕 剛「乾杯」、先週1位からダウンするも週間売上はアップ、次週以降のセールスに注目。
ほか今週のTOP10はほぼ変動なし、唯一TOP10外となったのは先週9位の島田奈美がダウン。

注目作としては13位のチョー・ヨンピル、16位瀬川瑛子、20位KAYOCOが自己最高位をマーク。
32位赤坂東児「ヤーレンソーラン北海道」が登場3週目にして最高位、次週以降も上昇期待。

posted by nammy at 20:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

HIT CHART FLASH BACK vo.1<1993年2月22日付>・・・nammyblog vol.26

あの頃のヒットチャートをFLASH BACK!!!
シングルチャートはその時代によってヒットする曲もアーティストも極端に姿を変えていきます。
言うならばその時代の流行歌として記憶に残るものがシングルチャートです。
そんなシングルチャートをメインとして過去に遡ってみたいと思います。

第1回は今から20年前の今週ヒットチャートに目を向けてみましょう。


1993.2/22付 No.1

T-BOLAN「おさえきれないこの気持ち」.jpg


◆1993年(平成5年)2月22日付ヒットチャートTOP30
※青文字は初登場曲

今週/先週/先々週/週間売上/アーティスト/タイトル
01位/-/-/28.2万枚/T-BOLAN「おさえきれないこの気持ち」
02位/3/2/19.3万枚/ZARD「負けないで」
03位/2/-/17.4万枚/小泉今日子「優しい雨」
04位/-/-/16.9万枚/大黒摩季「チョット/君に愛されるそのために...」
05位/1/-/14.4万枚/工藤静香「慟哭」
06位/-/-/12.4万枚/矢沢永吉「東京/心花よ」
07位/6/5/11.6万枚/森田童子「ぼくたちの失敗」
08位/-/-/10.5万枚/KAI FIVE「風の中の火ように」
09位/4/1/10.3万枚/とんねるず「がじゃいも」
10位/11/16/8.6万枚/THE虎舞竜「ロード」


11位/9/4/8.1万枚/WANDS「もっと強く抱きしめたなら」
12位/13/6/7.5万枚/浜田麻里「Cry For The Moon」
13位/5/3/6.5万枚/氷室京介/KISS ME
14位/-/-/5.4万枚/安全地帯「ひとりぼっちのエール」
15位/10/7/4.9万枚/中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」
16位/8/-/4.8万枚/THE ALFEE/BELIEVE
17位/-/-/4.5万枚/永井真理子「大きなキリンになって」
18位/7/-/4.3万枚/渡辺美里「いつかきっと」
19位/12/10/4.2万枚/ホイットニー・ヒューストン「オールウェイズ・ラブ・ユー」
20位/17/21/4.2万枚/久松史奈「天使の休息」

21位/20/12/3.9万枚/中西圭三「You And I」
22位/15/9/3.9万枚/森高千里「渡良瀬橋」
23位/23/-/3.7万枚/GAO「夢のひと」
24位/33/36/3.5万枚/井上昌己「恋が素敵な理由」
25位/28/33/3.1万枚/坪倉唯子「ジュテーム」
26位/26/14/3.0万枚/access「JEWELRY ANGEL」
27位/-/-/2.9万枚/横山輝一「Lovin' you」
28位/18/19/2.8万枚/長山洋子「蜩」
29位/30/32/2.6万枚/MANISH「声にならないほどに愛しい」
30位/19/8/2.4万枚/稲垣潤一「僕ならばここにいる」

最大上昇曲:90位→71位(21ランクアップ)/石川よしひろ「二十歳の夜」
最大下降曲:55位→91位(36ランクダウン)/今田耕司・東野幸治「親父の唄〜ラスベガス・ヴァージョン〜」


T-BOLANが28.2万枚初登場1位、91年のデビュー以来シングル、アルバム通じて初の首位獲得!
ZARD「負けないで」根強い人気3週連続TOP3入り、早くも50万枚突破!
10位「ロード」、有線から火が点き上昇中、初登場27位から4週連続ランクアップ中!
13位氷室京介「KISS ME」今週付で100万枚突破初のミリオンへ。
TOP30に7作が初登場、27位「Lovin' you」、アルペンCFソングで次週以降上昇期待!!


◆今週のTOP100上昇注目曲:

33位→24位 井上昌己「恋が素敵な理由」
28位→25位 坪倉唯子「ジュテーム」
30位→29位 MANISH「声にならないほどに愛しい」
45位→40位 大貫妙子「春の手紙」
46位→44位 広瀬香美「愛があれば大丈夫」
76位→59位 真璃子「この空は明日です」
90位→71位 石川よしひろ「二十歳の夜」

posted by nammy at 18:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの頃のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。