2017年12月15日

【名作2017バージョンで32年連続ランクインへ】山下達郎「クリスマス・イブ」今年も記録更新・・・nammyblog vol.192

来年2018年には発売から35年を迎える日本のクリスマス定番である山下達郎の「クリスマス・イブ」。
そんな名作が今年も期間限定ジャケットを装い12月13日に再リリースされた。

山下達郎「クリスマス・イブ(2017)」.jpg

12月13日付のデイリーシングルチャートでは初登場30位にランクイン。かれこれ1986年(昭和61年)より31年連続でTOP100にランクインを続ける超ロングセラー。
今年もその記録を「32」に伸ばすことが確定した。
売上枚数においてはも最終ランクイン時(17.1/2付)までの累計は188.6万枚、通算170週のランクインである。

※本件「クリスマス・イブ」についての過去記事はこちら
http://nammyblog.seesaa.net/article/323719699.html
http://nammyblog.seesaa.net/article/381247312.html

1983年(昭和58年)12月14日に同年6月に発売したオリジナルアルバム「Melodies」に収録されていた本作をシングルカットリリース。ピクチャーレコードとして3万枚限定プレスでリリースされたが、オリコン集計によれば1.1万枚、最高位44位という結果で幕を閉じている。
その3年後の1986年(昭和61年)11月28日に7インチEPシングルとして再リリースされる。
2年間ほどTOP50以下を静かに低飛行しながらランクインを続け、再発売より2年後の1988年(昭和63年)に「JR東日本クリスマスエクスプレス」のCMソングに起用されてからは皆さまご承知の通り。
今に至る30年越えのロングセラーとして日本人で知らない人はいないくらい、周知された名作である。

来年で35周年を迎える「クリスマス・イブ」はこれまでどのような歴史を追って形態リリースされてきたのだろうか。
売上編は過去の記事にて記載しましたのでそちらをご参照ください。

◆「クリスマス・イブ」リリース形態一覧
・1983(昭和58)12/14
12インチピクチャーディスク30センチ45回転盤。期間限定発売
・1986(昭和61)11/28
7インチEP盤。限定発売ホワイトビニール、カラーレーベル仕様
・1988(昭和63)11/10
8cmシングル盤に移行
・1889(平成1)10/25
レーベルがカラーに変更
・1990(平成2)11/10
ジャケットデザイン変更及びレーベルデザイン変更
・1992(平成4)11/10
オリジナルカラオケ収録。レーベルデザイン変更
・1998(平成10)11/18
品番改定による再発売
・2000(平成12)11/22
12pマキシシングル化。NEWリマスターを使用
・2003(平成15)11/12
2003NEWリマスター使用。英語版とカラオケをリミックス収録
・2013(平成25)11/20
発売30周年記念盤。2013NEWリマスター使用。アコースティックライブヴァージョンを収録、初回限定盤にはショートフィルムのDVDが付属。
・2014(平成26)11/19
映画「MIRACLEデビクロくんの恋と魔法」主題歌に起用。劇中で使用された竹内まりやの「ザ・クリスマスソング」と山下達郎の「ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」を繋いだメドレーを特別収録。2014年度期間限定発売。
・2015(平成27)12/15
2015クリスマススペシャルパッケージ。金子辰也氏イラストによる三方背ボックス仕様。2015年中期間限定発売。
・2017(平成29)12/13
2017年クリスマススペシャルパッケージ。「COME ALONG3」のジャケットイラストを担当した鈴木英人氏による三方背ボックス仕様。2017年中期間限定発売。


長い歴史の中でレコードから8pシングルCD、そして現代の12pマキシシングルへと姿を変えてきたのですね。
35年も前の曲なのに、今改めて聴いてもその完成度は極めて高い。
街中でこの曲を耳にすると「あ〜、もうクリスマスが近いんだな」と思い起こされる、そんな1曲だ。


【関連する記事】
posted by nammy at 16:08| 埼玉 ☔| 今週のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。