2013年11月13日

EXILE発売から7ヶ月にしてミリオン突破!AKB以外での達成は6年3ヶ月ぶり・・・nammyblog vol.121

EXILE「EXILE PRIDE」.jpg
EXILEのシングル「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」が今週のシングルランキング(11/18付)で週間0.3万枚を売り上げ遂に累計売上枚数が100.0万枚に達しミリオンセラーを突破した。
事実ここ近年でのミリオン突破はAKB48以外での達成となると2007年8/20付で達成した秋川雅史「千の風になって」以来実に6年3ヶ月ぶりの快挙となった。

しかしながらそのミリオンへの道のりは正当とは言えない手法での達成だけに、AKB48同様「真実のミリオン」ではなく「作られたミリオン」と言うべきではないか。
やり方は自由、しかし正々堂々と出来なかったのか?という感触が残る今回の達成であるが、リーダーのHIROが今作でパフォーマーを勇退する大事な1曲であり、メンバーとしても有終の美で終わらせようという熱い意志は十分伝わった。
しかしだ、全国ツアーのチケットと抱き合わせ販売でCDが付いて来るという「おまけ」戦略でこれまで築いてきたEXILEの記録をいとも簡単にぶち壊してしまったのは遡る事半年前。
4/15付でいきなり週間売上56.5万枚での好スタートを切る。しかしこれには理由があった。
上記にも述べた通り、ツアーチケットへのCD付き販売。おまけと取るべきかはファンが決めることだが、確かにチケットを買ったら新曲がタダで付いて来るのだからお得感はあるだろう。この手法でこれまで実力で勝ち取った代表作「ただ・・・逢いたくて」の56.2万枚をたった1週間で塗り替えてしまう。56万人が良いと認めた代表作をこういった手法で塗り替えるのはいささか納得はいかなかった。やっている内容はAKB手法と何ら変わらない。
ドームツアーの追加公演としてまたこの手法を使い、7/15付では週間15.8万枚を売り上げ前週178位から2位へ一気にジャンプアップを見せた。この時点で既に70万枚を越えていた。
イベントなどで複数の特典を付属させた手法で9/30付では週間11.2万枚を売り上げ24週ぶりに週間1位へ返り咲いた。既にこの時点でミリオン突破は射程圏内であった。
さらに追い打ちで新たなPVを付属させたDVD付デラックスエディションなるものを再発売し、11/4付では5.3万枚を売り105位から3位へ急上昇。まさに計算され尽くされたミリオンへの道・・・。
むしろここまで念密に計算されてミリオンを作ったのだから、逆の意味で凄い事かも知れない。
ミリオンのカラクリで中身を見てみると事実、初週売上とチケット追加公演、デラックスエディション版の3回の急上昇を覗けば殆ど売れていないのが実態。
初動売上56.5万枚、追加公演時15.8万枚、複数形態の特典付きで11.2万枚、デラックス版5.3万枚を足すと88.8万枚。これを差し引くと11万枚という姿が浮き上がってくる。
今のEXILEの通常時の売上枚数を見れば妥当な数字なのだ。
現に「EXILE PRIDE」がミリオンを達成しているにも関わらず、次シングル「Flower Song」は12.6万枚、最新シングル「No Limit」は9.3万枚という記録。本当に実力でミリオンヒットを出したのであれば次シングルでも最低50万枚は売れていても不思議ではない。
こういった見解から見えてくる「作られたミリオンセラー」。
どんなに批判されようと達成したもの勝ち状態の「捏造ミリオンラッシュ」。
この先も正当なミリオンヒットは生まれる事はないだろうと同時に、ミリオンラッシュが続けば続くほど不振は募るばかり。

このCD不況時にシングルミリオンが生まれるわけがない。
なのにミリオンが量産されているこの実態。
過去の記録が塗り替えられる報道をされる度に、記録を塗り替えた者が凄いのではなく、記録を越された人がいかに凄いのか改めて実感させられる今日この頃である。


【関連する記事】
posted by nammy at 00:00| 埼玉 ☔| 今週のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする