2013年11月07日

[デイリー]堀田家BANDシングル1位発進!玉置浩二週間首位なら28年ぶりの大記録達成・・・nammyblog vol.120

116日にリリースされた玉置浩二と亀梨和也によるユニット堀田家BAND”の「サヨナラありがとう」がデイリーシングルチャートで初日1位を獲得した。

本作は日本テレビ系ドラマ「東京バンドワゴン〜下町大家族物語〜」の主題歌に起用。玉置浩二自身久々のドラマ出演もあり発売前から話題を呼んでいる。

ありふれた日常の中でも繰り返す出会いと別れ生きていることがイヤになっても愛に包まれていた日々を思い出し、前を向こう! 切ない思いの中にもポジティブなメッセージが込められたストレートでメロディアスなロックナンバー。ドラマ主演の亀梨和也と、初共演の玉置浩二が、愛しいすべての人に贈るLOVEに満ち溢れた珠玉の名曲。

そんな久々の名作がデイリーシングルで1位を獲得、このまま週末にかけて売れ行きが安定すれば初登場1位もほぼ確実か。

対するは同時発売のももいろクローバーZとの1位争いがどのように向かうか注目だ。

玉置浩二自身がシングルチャートで1位を獲得するのはざっと振り返ってみてもここ数年レベルの話ではない。何十年ぶりだろうか・・・と調査してみたら何と安全地帯時代のシングル「悲しみにさよなら」(19856月発売)以来28年ぶりとなる。

アルバムでは安全地帯最後の1位となる「安全地帯Y〜月に濡れたふたり〜」(19884月)以来であり、どのみち最後の1位は昭和時代だったということ。時代は平成に入ってからの1位経験はまだなかったというのが意外だ。


安全地帯時代の最大ヒット曲「ワインレッドの心」の71.4万枚(最高位1位)を抜き玉置自身最高売上を記録したシングル「田園」は92.5万枚というミリオン手前の記録を生むが、最高位は2位止まりだった。ソロでの1位経験はゼロであり、今作でもしも1位を獲得できれば玉置浩二自身相当久しぶりの大記録が達成される。

もはや天才肌の彼が奏でるハーモニーは絶賛!

ぜひ昭和の大人気バンド“安全地帯”のボーカル、玉置浩二の底力で今の退屈なチャートを壊してほしいものだ。

最後に玉置浩二1位記念を祝して名曲揃いの“安全地帯”時代売上TOP10を振り返りたいと思う。


■安全地帯 売上TOP10

[シングル]

1位 71.4万枚 ワインレッドの心/最高位1/1983.11/25

2位 44.3万枚 悲しみにさよなら/最高位1/1985.6/25

3位 43.6万枚 恋の予感/最高位3/1984.10/25

4位 38.8万枚 碧い瞳のエリス/最高位2/1985.10/1

5位 32.4万枚 熱視線/最高位2/1985.1/25

6位 23.8万枚 プルシアンブルーの肖像/最高位2/1986.7/1

7位 23.0万枚 ひとりぼっちのエール/最高位14/1993.2/10

8位 14.7万枚 Friends/最高位7/1986.10/21

9位 12.4万枚 好きさ/最高位4/1986.12/3

10位 12.3万枚 じれったい/最高位2/1987.4/21

[アルバム]LP、カセット、CDは合算集計

1位 92.9万枚 安全地帯W/最高位1/1985.11/24

2位 78.1万枚 安全地帯V〜抱きしめたい〜/最高位3/1984.12/1

3位 54.5万枚 安全地帯U/最高位2/1984.5/1

4位 46.5万枚 安全地帯X/最高位1/1986.12/14

5位 36.2万枚 安全地帯BESTI Love Youからはじめよう〜/最高位4/1988.12/10

6位 36.0万枚 安全地帯Y〜月に濡れたふたり〜/最高位1/1988.4/10

7位 34.8万枚 エンドレス/最高位4/1985.4/25

8位 26.0万枚 安全地帯Z〜夢の都〜/最高位2/1990.7/25

9位 16.4万枚 安全地帯[〜太陽〜/最高位7/1991.12/11

10位 10.7万枚 安全地帯 Remember to Remember/最高位26/1983.1/25






【関連する記事】
posted by nammy at 23:22| 埼玉 ☔| 今週のヒットチャート編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。