2013年08月17日

連続記録が途切れるとき・・・nammyblog vol.109

アーティストにとってやはり記録が続くに越した事はありませんね。
「○作連続初登場1位」や「○作連続TOP10入り」、こういった記録はないよりもあった方が断然良いと思います。
レコード会社も記録が続けばアーティストの宣伝にもなるし、次のステップアップにも繋がるしね。

さて今でも連続1位記録はB'z(46作連続)やMr.Children、Kinki Kids、嵐、KAT-TUN、NEWS、Hey! Say! JUMP、浜崎あゆみ、AKB48などが更新中ですが、その数字もいつかは途切れる時が来ます。
現役でTOP10入りを続けるモーニング娘。やSMAP、THE ALFEE、サザンオールスターズ、GACKT、EXILE、DIR EN GREY、aiko、BUMP OF CHICKENも素晴らしい記録を更新中です。
過去の特集でも述べるように、ヒットチャートは実力と運が必須です。
ただ週間売上数が高くても、発売するアーティストと鉢合わせすれば2位に甘んじることも十分あり得る話です。
たった一週間発売日がズレただけで1位を獲れたかも知れないと思うとやり切れないですよね。
かといえば、運が良ければTOP3に入らないくらいの週間売上でも1位を獲れてしまう週もあります。
運も実力のうちなのでしょうか・・・。

こうした数々の記録を残してきた音楽界ですが、長きに渡って記録を更新してきたアーティストの連続記録が途切れた瞬間を集めてみました。


■主なアーティストの連続記録が途切れるとき■
タイトル/最高位/累積売上/発売日


◆1位連続記録編

松田聖子(24作連続でストップ)
「Precious Heart」/最高位2位/12.9万枚/1989.11/15

中森明菜(15作連続でストップ)
「I MISSED THE SHOCK」/最高位3位/31.1万枚/1988.11/1

近藤真彦(14作連続でストップ)
「夢絆」/最高位2位/20.4万枚/1985.6/5

ピンク・レディー(9作連続でストップ)
「ジパング」/最高位4位/26.9万枚/1979.3/9

GLAY(9作連続でストップ)
「STAY TUNED」/最高位2位/38.4万枚/2001.7/4

ORANGE RANGE(9作連続でストップ)
「UN ROCK STAR」/最高位3位/8.0万枚/2006.8/30

光GENJI(8作連続でストップ)
「LITTLE BIRTHDAY」/最高位2位/23.6万枚/1990.5/17

工藤静香(8作連続でストップ)
「ぼやぼやできない」/最高位2位/32.4万枚/1991.1/23

南野陽子(8作連続でストップ)
「涙はどこへいったの」/最高位2位/20.5万枚/1989.2/15

桑田佳祐(7作連続でストップ)
「本当は怖い愛とロマンス」/最高位2位/14.7万枚/2010.8/25

チェッカーズ(7作連続でストップ)
「OH!! POPSTAR」/最高位2位/35.4万枚/1986.2/21

菊池桃子(7作でストップ)
「Nile in Blue」/最高位2位/12.2万枚/1987.7/29

ラルク・アン・シエル(7作連続でストップ)
「Link」/最高位2位/23.6万枚/2005.7/20

関ジャニ∞(7作連続でストップ)*3枚同時リリースの為記録更新ならず
「GIFT〜赤」/最高位2位/13.4万枚/2009.12/24

おニャン子クラブ(6作連続でストップ)
「ウェディングドレス」/最高位2位/9.0万枚/1987.8/21

安室奈美恵(6作連続でストップ)
「RESPECT the POWER OF LOVE」/最高位2位/49.1万枚/1999.3/17

宇多田ヒカル(6作連続でストップ)
「Passion」/最高位4位/11.2万枚/2005.12/14

浜崎あゆみ(6作連続でストップ)*1作置き現在25作連続更新中
「Daybreak」/最高位2位/19.7万枚/2002.3/6


◆TOP10連続記録編(15作以上)

田原俊彦(38作連続)
「NUDE」/最高位16位/3.0万枚/1990.11/28

小泉今日子(31作連続)※あんみつ姫名義を含む
「BEAUTIFUL GIRLS」/最高位14位/21.3万枚/1995.11/1

中山美穂(29作連続)
「CHEERS FOR YOU」/最高位17位/12.7万枚/1995.5/17

光GENJI(28作連続)
「Bye-Bye」/最高位13位/9.4万枚/1995.8/2

山口百恵(28作連続)*引退後のリリース作にて
「惜春通り」/最高位34位/3.1万枚/1994.4/21

近藤真彦(27作連続)※リミックス版除く
「Just For You」/最高位11位/4.4万枚/1989.6/1

中森明菜(27作連続)
「片想い」/最高位17位/13.4万枚/1994.3/24

松田聖子(26作連続)
「We Are Love」/最高位16位/6.3万枚/1990.11/21

安室奈美恵(26作連続)
「ALARM」/最高位11位/5.0万枚/2004.3/17

Every Little Thing(26作連続)
「azure moon」/最高位12位/2.6万枚/2006.3/15

CHAGE and ASKA(23作連続)
「SEAMLESS SINGLES」/最高位13位/1.9万枚/2004.4/7

工藤静香(23作連続)
「Moon Water」/最高位14位/17.2万枚/1995.11/20

TM NETWORK(23作連続)
「NETWORK」/最高位13位/2.8万枚/2004.2/25

郷ひろみ(22作連続)
「ぼくのるすばん」/最高位51位/2.5万枚/1978.5/21

野口五郎(21作連続)
「送春曲」/最高位14位/11.8万枚/1978.12/25

ORANGE RANGE(20作連続)
「オボロナアゲハ」/最高位18位/0.6万枚/2013.4/17

河合奈保子(20作連続)
「悲しい人」/最高位21位/1.8万枚/1988.3/1

氷室京介(18作連続)
「永遠〜Eternity〜」/最高位13位/7.8万枚/2000.1/15

CHEMISTRY(18作連続)
「Top Of The World」/最高位28位/1.0万枚/2006.12/6

TOKIO(19作連続)※1作間隔を置き現在27作連続更新中
「恋に気づいた夜」/最高位11位/6.8万枚/2000.9/13

globe(18作連続)
「bitting her nails」/最高位13位/5.6万枚/1999.12/15

シブがき隊(18作連続)
「OH! SUSHI」/最高位17位/3.6万枚/1986.4/10

とんねるず(18作連続)
「おまえが欲しい」/最高位12位/8.9万枚/1996.2/12

大黒摩季(17作連続)
「太陽の国へ行こうよすぐに」/最高位19位/6.4万枚/1999.2/24

ドリームズ・カム・トゥルー(17作連続)※以後一度途切れるが現在21作連続TOP10入り記録継続中
「あはは」/最高位19位/6.0万枚/1998.1/28

松浦亜弥(17作連続)
「砂を噛むように・・・NAMIDA」/最高位14位/2.0万枚/2006.2/1

西城秀樹(17作連続)
「ボタンを外せ」/最高位12位/14.0万枚/1977.9/5

Dragon Ash(17作連続)
「運命共同体」/最高位11位/1.1万枚/2009.2/4

酒井法子(16作連続)※のりピー名義を除く
「あなたに天使が見える時」/最高位12位/3.9万枚/1991.3/21

少年隊(16作連続)
「砂の男」/最高位14位/4.9万枚/1990.12/12

長渕剛(16作連続)
「猿一匹、歌えば侍」/最高位28位/3.0万枚/1998.11/26

ケツメイシ(16作連続)
「闘え!サラリーマン」/最高位12位/3.0万枚/2010.11/17

SOPHIA(16作連続)
「僕はここにいる」/最高位13位/3.5万枚/2003.7/30

TRF(15作連続)
「TRY OR CRY」/最高位18位/4.7万枚/1998.4/29

渡辺美里(15作連続)
「クリスマスまで待てない」/最高位12位/9.5万枚/1991.11/21

南野陽子(15作連続)
「へんなの!!」/最高位11位/7.3万枚/1990.7/1

リップスライム(15作連続)
「SPEED KING」/最高位12位/2.1万枚/2007.11/7


連続1位記録は松田聖子の24作でした。80年代のアイドル戦国時代にここまで連続で1位を獲得する実力はホンモノでしょう。
続く中森明菜は15作連続でストップ。そして14作連続ストップの近藤真彦。
やはり80年代のアイドルパワーは今の時代よりも凄まじい勢いさを感じますね。

TOP10連続記録は38作連続で惜しくもストップがかかった田原俊彦。
1位連続記録は続かなかったものの、TOP10入りは断トツの記録です。
リリース間隔が短いとはいえ、1年間で4枚リリースしたと計算しても9年間TOP10内に送り込むほどの人気。
ましてやグループではなくソロでのその人気の長さはもはや別格!?

小泉今日子の31作も凄い。彼女は現在NHK連続小説「あまちゃん」に出演中で、14年ぶりの新曲が初登場2位というヒットが記憶に新しいですが、売れ方の安定さが根本的に違いますからね。続くわけです。

28作連続で光GENJIは80年代後期の代表的な人気ぶりを見せつけたジャニーズグループ。
彼らが残した8年間の記録の中で、唯一ラストシングルのみTOP10入りを逃したという惜しい記録も。
同時28作の山口百恵。70年代を代表するアイドルでお茶の間で知らない人はいないくらいの人気を残した。
現役引退後、14年が過ぎた頃に8cmとしてリリースされた新作で記録をストップさせてしまったが、事実現役中の作品はTOP10入り記録を続けた彼女はやはりすごい。
珍記録としてはデビュー曲から解散シングルまで30作全てをTOP10入りさせた怪物グループ、チェッカーズ。
なかなかこれだけの枚数をリリースしてのALL TOP10入りはこの先も成せないのでは!?


現在でも記録更新中のアーティストを集めてみました。
彼ら、彼女らはどこまで記録を伸ばし続けることが出来るのか。
静かに見守っていきたい。

■現在も記録更新中アーティスト達■(連続10作以上)

◆只今連続1位更新中〜〜〜
B'z(46作連続)
Kinki Kids(32作連続)
嵐(30作連続)
Mr.Children(30作連続)
浜崎あゆみ(25作連続)
KAT-TUN(21作連続)
AKB48(18作連続)
SMAP(17作連続)
NEWS(15作連続)
関ジャニ∞(11作連続)*エイトレンジャー名義含む
Hey! Say! JUMP(11作連続)


◆只今連続TOP10入り更新中〜〜〜
モーニング娘。(53作連続)
SMAP(50作連続)
浜崎あゆみ(48作連続)
B'z(47作連続)
THE ALFEE(47作連続)
ZARD(43作連続)
倖田來未(42作連続)
嵐(41作連続)
V6(41作連続)
GLAY(41作連続)
GACKT(41作連続)
倉木麻衣(39作連続)
ラルク・アン・シエル(38作連続)*再発シングルは除く
ゆず(36作連続)
ポルノグラフィティ(35作連続)
EXILE(34作連続)
サザンオールスターズ(34作連続)
Kinki Kids(32作連続)
Mr.Children(31作連続)
w-inds.(30作連続)*リミックス版を除く
チェッカ−ズ(30作連続)*解散後リリースなし
AKB48(29作連続)
TOKIO(27作連続)
DIR EN GREY(27作連続)
福山雅治(25作連続)
aiko(25作連続)
T.M.Revolution(25作連続)*T.M.R.e名義、T.M.Revolution×水樹奈々含む
関ジャニ∞(24作連続)*エイトレンジャー名義含む
氷川きよし(22作連続)
KAT-TUN(21作連続)
ドリームズ・カム・トゥルー(21作連続)
宇多田ヒカル(21作連続)
大塚愛(21作連続)
℃-ute(21作連続)
BUMP OF CHICKEN(20作連続)
UVERworld(20作連続)
いきものがかり(20作連続)
東方神起(18作連続)
スピッツ(18作連続)
YUI(17作連続)
シド(17作連続)
Acid Black Cherry(16作連続)
NEWS(15作連続)
LUNA SEA(15作連続)
安室奈美恵(14作連続)
桑田佳祐(14作連続)
西野カナ(14作連続)
コブクロ(14作連続)
Perfume(14作連続)
アイドリング!!!(14作連続)
スマイレージ(14作連続)
椎名林檎(13作連続)
タッキー&翼(13作連続)
SKE48(12作連続)
ももいろクローバーZ(12作連続)
水森かおり(10作連続)

【関連する記事】
posted by nammy at 20:00| 埼玉 ☔| ヒットチャート記録編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。