2013年03月10日

<徹底解析シリーズF>小室王国を支えたアーティストたち(四天王編)・・・nammyblog vol.47

TKブームが巻き起こった90年代中期。
どれだけ小室哲哉の凄さがあったか全体概況は過去に綴った通り
http://nammyblog.seesaa.net/article/324021795.html

今回は小室ファミリーの四天王(勝手にそう思っているだけ?)の売上記録とともに振り返ってみたいと思う。

TK四天王といえば、安室奈美恵、TRF、globe、華原朋美だろう。
この4者によってTKブームは支えられた。いわば4本の大黒柱だ。
その四天王が大きく小室に貢献したのは95年〜97年にかけての3年間。
まさにこの3年は小室フィーバー真っ只中であった。

今回は4者による売上を記録とともに記しておきたい。

四天王の最長寿ともいえるtrf。彼女らがavexを急成長に繋げた創業者ともいえるミリオンセラー第1号者、ヒットチャート1位と貢献度は大きい。
小室プロデュースの成功者ともいえる存在で、以後globe、華原朋美、安室奈美恵へと繋ぎ小室王国は成長を遂げていく。



☆小室王国を支えたアーティストたち(四天王編)


◆TRF
総売上枚数:2170.8万枚
シングル:1140.0万枚(うち小室作品18作品:1091.1万枚/占有率95.7%
アルバム:1030.8万枚
ミリオンセラー:9作品(シングル:5作/アルバム:4作)
1位獲得数:シングル5作/アルバム6作
TOP10獲得数:シングル15作品/アルバム13作

trf「CRAZY GONNA CRAZY」.jpg

シングル売上TOP10
@ 158.7万枚 CRAZY GONNA CRAZY/最高位1位/1995年
A 138.9万枚 masquerade/最高位1位/1995年
B 137.6万枚 survival dAnce〜no no cry more〜/最高位1位/1994年
C 128.5万枚 BOY MEETS GIRL/最高位3位/1994年
D 106.3万枚 OVERNIGHT SENSATION/最高位1位/1995年
E  78.4万枚 EZ DO DANCE/最高位15位/1993年
F  67.4万枚 BRAND NEW TOMORROW/最高位1位/1995年
G  67.4万枚 寒い夜だから・・・/最高位8位/1993年
H  49.0万枚 Love & Peace Forever/最高位2位/1996年
I  31.6万枚 Happening Here/最高位3位/1995年

アルバム売上TOP10
@ 238.2万枚 dAnce to positive/最高位1位/1995年
A 172.1万枚 BILLIONAIRE/最高位1位/1994年
B 100.3万枚 BRAND NEW TOMORROW/最高位2位/1995年
C 100.1万枚 WORKS-THE BEST OF TRF-/最高位1位/1998年
D  97.1万枚 WORLD GROOVE/最高位1位/1994年
E  91.3万枚 hyper mix 4/最高位2位/1995年
F  64.5万枚 EZ DO DANCE/最高位4位/1993年
G  50.9万枚 HYPER MIX V/最高位1位/1994年
H  32.4万枚 THE LIVE/最高位1位/1996年
I  27.4万枚 HYPER TECHNO MIX U/最高位11位/1993年

アーテイスト年間セールス
1993年度 59位/13,856(シングル3,842/アルバム10,014)
1994年度 1位/120,460(シングル36,537/アルバム83,923)
1995年度 1位/152,310(シングル47,781/アルバム104,529)
1996年度 14位/63,332(シングル16,627/アルバム46,705)
1997年度 175位/3,026(シングル3,026/アルバム0)
1998年度 28位/40,096(シングル3,893/アルバム36,203)
1999年度 180位/3,321(シングル555/アルバム2,766)
2000年度 703位/179(シングル179/アルバム0)

さすがTKファミリーの長女。
ミリオンは9作、1位は11作とまさに空前の大ブームを牽引しましたね。
日本レコード大賞も95年、96年と2年連続で受賞、年間アーティスト売上も2年連続1位と勢いは留まるところを知りません。
売上金額を見ると1994年〜1996年にかけてがピーク期でしたね。


◆安室奈美恵
総売上枚数:3118.1万枚
シングル:1652.6万枚(うち小室作品16作品:1283.9万枚/占有率77.6%
アルバム:1465.4万枚
ミリオンセラー:10作品(シングル:5作/アルバム:5作)
1位獲得数:シングル11作/アルバム10作
TOP10獲得数:シングル39作品/アルバム14作

安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE」.jpg


シングル売上TOP10
@ 229.6万枚 CAN YOU CELEBRATE?/最高位1位/1997年
A 139.0万枚 Don't wanna cry/最高位1位/1996年
B 136.2万枚 Chase the Chance/最高位1位/1995年
C 109.9万枚 You're my sunshine/最高位1位/1996年
D 106.7万枚 a walk in the park/最高位1位/1996年
E  88.2万枚 Body Feels EXIT/最高位3位/1995年
F  77.2万枚 How to be a Girl/最高位1位/1997年
G  65.7万枚 I HAVE NEVER SEEN/最高位1位/1998年
H  64.0万枚 NEVER END/最高位2位/2000年
I  61.1万枚 太陽のSEASON/最高位5位/1995年

アルバム売上TOP10
@ 336.0万枚 SWEET 19 BLUES/最高位1位/1996年
A 193.0万枚 Concentration20/最高位1位/1997年
B 186.5万枚 DANCE TRACKS VOL.1/最高位1位/1995年
C 169.1万枚 181920/最高位1位/1998年
D 155.2万枚 BEST FICTION/最高位1位/2008年
E  80.3万枚 GENIUS 2000/最高位1位/2000年
F  57.8万枚 PAST<FUTURE/最高位1位/2009年
G  54.3万枚 PLAY/最高位1位/2007年
H  51.8万枚 Uncontrolled/最高位1位/2012年
I  49.0万枚 Checkmate!/最高位1位/2011年

アーティスト年間セールス
1995年度 17位/50,166(シングル23,827/アルバム26,339)
1996年度 1位/184,065(シングル46,556/アルバム137,509)
1997年度 4位/103,980(シングル103,980/アルバム62,959)
1998年度 13位/66,253(シングル13,388/アルバム52,865)
1999年度 44位/19,244(シングル18,873/アルバム370)
2000年度 27位/35,952(シングル11,397/アルバム24,556)

95年10月「Body Feels EXIT」より小室プロデュース。以後ミリオンヒットを連発しシングル売上の中でも上位9作小室作品。
やはり全盛期の安室奈美恵を支えた代表曲は小室作品が独占していますね。
シングル売上全体に占める小室作品は77%、それだけ小室時代の安室奈美恵は凄かった。(今も現役で凄いですけどね)
1997年には日本レコード大賞受賞、若者に「アムラー現象」を巻き起こしたカリスマアイドルです。


◆globe
総売上枚数:2896.6万枚
シングル:1334.2万枚
アルバム:1562.4万枚
ミリオンセラー:8作品(シングル:3作/アルバム:5作)
1位獲得数:シングル8作/アルバム5作
TOP10獲得数:シングル28作品/アルバム14作

globe「DEPARTURES」.jpg

シングル売上TOP10
@ 228.8万枚 DEPARTURES/最高位1位/1996年
A 132.3万枚 FACE/最高位1位/1997年
B 131.2万枚 Can't Stop Fallin' in Love/最高位1位/1996年
C  95.2万枚 Feel Like dance/最高位3位/1995年
D  90.0万枚 SWEET PAIN/最高位2位/1995年
E  87.6万枚 Wanderin' Destiny/最高位2位/1997年
F  81.6万枚 Joy to the love(globe)/最高位1位/1995年
G  53.7万枚 Is this love/最高位1位/1996年
H  50.0万枚 wanna Be A Dreammaker/最高位1位/1998年
I  48.5万枚 FREEDOM/最高位3位/1996年

アルバム売上TOP10
@ 413.6万枚 globe/最高位1位/1996年
A 323.9万枚 FACES PLACES/最高位1位/1997年
B 276.3万枚 CRUISE RECORD 1995-2000/最高位1位/1999年
C 173.0万枚 Relation/最高位1位/1998年
D 165.8万枚 Love again/最高位1位/1998年
E  50.1万枚 FIRST REPRODUCTS/最高位4位/1999年
F  29.5万枚 8 YEARS Many Classic Moments/最高位2位/2002年
G  27.9万枚 SUPER EUROBEAT presents EURO global/最高位3位/2000年
H  27.7万枚 Lights/最高位2位/2002年
I  16.4万枚 Lights 2/最高位2位/2002年

アーティスト年間セールス
1995年度 51位/20,759(シングル20,759/アルバム0)
1996年度 2位/157,445(シングル44,566/アルバム112,878)
1997年度 2位/141,808(シングル33,915/アルバム107,893)
1998年度 12位/73,502(シングル21,590/アルバム51,912)
1999年度 2位/177,229(シングル3,248/アルバム173,981)
2000年度 46位/17,238(シングル4,170/アルバム13,068)

プロデューサーである小室自らがユニットに参加。さすが400万枚超えの記録を持つスーパーグループである。
KEIKOの回復を待ちglobeの再始動する日も近い?
95年〜97年にかけてがピーク、アルバムに関しては99年までミリオンセラーを連発した。


◆華原朋美
総売上枚数:1219.1万枚
シングル:718.2万枚(うち小室作品13作品:661.9万枚/占有率92.1%
アルバム:500.8万枚
ミリオンセラー:5作品(シングル:3作/アルバム:2作)
1位獲得数:シングル4作/アルバム3作
TOP10獲得数:シングル13作品/アルバム5作

華原朋美「I'm Proud」.jpg

シングル売上TOP10
@ 139.0万枚 I'm proud/最高位2位/1996年
A 105.9万枚 Hate tell a lie/最高位1位/1997年
B 102.8万枚 I BELIEVE/最高位4位/1995年
C  93.0万枚 save your dream/最高位1位/1996年
D  65.3万枚 LOVE IS ALL MUSIC/最高位1位/1997年
E  41.7万枚 たのしく たのしく やさしくね/最高位1位/1997年
F  37.0万枚 Keep yourself alive/最高位8位/1995年
G  28.7万枚 as A person/最高位6位/1999年
H  25.5万枚 LOVE BRACE/最高位6位/1996年
I  18.9万枚 tumblin' dice/最高位2位/1998年

アルバム売上TOP10
@ 257.1万枚 LOVE BRACE/最高位1位/1996年
A 136.6万枚 storytelling/最高位1位/1997年
B  69.6万枚 KAHARA COMPILATION/最高位1位/1998年
C  26.1万枚 nine cubes/最高位5位/1998年
D   5.6万枚 One Fine Day/最高位7位/1999年
E   2.2万枚 Best Selection/最高位23位/2001年
F   1.2万枚 naked/最高位30位/2005年
G   1.1万枚 Love Again/最高位36位/2001年
H   0.8万枚 Natural Breeze/最高位37位/2002年
I   0.5万枚 Super Best Singles/最高位65位/2005年

アーティスト年間セールス
1995年度 113位/7,405(シングル7,405/アルバム0)
1996年度 6位/101,745(シングル29,664/アルバム72,081)
1997年度 31位/28,175(シングル23,099/アルバム5,075)
1998年度 20位/47,176(シングル5,395/アルバム41,782)
1999年度 28位/33,493(シングル3,588/アルバム29,905)
2000年度 225位/2,154(シングル425/アルバム1,729)

3者に比べ勢いは下がるものの、1000万枚を超える記録は凄い事だ。
シングル全体の92%が小室作品、1998年の「dairy news」を最後に小室から離れたが、それまでに売り上げた結果が大きいことがわかる。
シングルセールス面に注目すると96年〜97年が人気ピーク、やはり99年以降はシングルヒットに恵まれず苦しい時期を迎えます。
昨年末の音楽番組「FNS歌謡祭」で復活した華原朋美。歌声は当時と変わっておらず、歌手としても健在のようだ。
小室との確執も時間が解決してくれたのか、小室作品にして最大ヒットを記録した「I'm proud」を熱唱した。


小室ファミリーの中核である4者の売上を改めて並べてみるとやはりTKブームは95年〜97年にかけてシングルヒットを連発した事が一目瞭然ですね。
いつか続編で上記アーティスト以外の小室作品について振り返ってみたいなと思います。
【関連する記事】
posted by nammy at 12:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徹底解析シリーズ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343721925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック