2013年02月20日

<徹底解析C>小室ファミリーと小室ブーム・・・nammyblog vol.27

徹底解析シリーズ第4弾です。


<徹底解析@>はこちら
http://nammyblog.seesaa.net/article/323548849.html


<徹底解析A>はこちら
http://nammyblog.seesaa.net/article/323719699.html

<徹底解析B>はこちら
http://nammyblog.seesaa.net/article/323908222.html


90年代中期の音楽シーンに大きく貢献した小室哲哉に触れてみたいと思います。
小室哲哉といえばglobe、TM NETWORKのメンバーであり、作詞家、作曲家としてもその名はご存じですよね。
TRFや安室奈美恵など「小室ブーム」を巻き起こした90年代中期。
実はTM NETWORK活動を傍らに、そのプロデュースは80年代後期に始まっていました。
1986年に渡辺美里の「My Revolution」を楽曲提供し、オリコン1位を獲得、同年「第28回日本レコード大賞金賞」を受賞する。

渡辺美里「My Revolution」.jpg


ブレイク前だったTM NETWORKよりも先行して世に「小室哲哉」の名が広まる。
その後は岡田有希子荻野目洋子おニャン子クラブ福永恵規堀ちえみ、荻野目洋子、中山美穂松田聖子小泉今日子宮沢りえ観月ありさ牧瀬里穂中森明菜などアイドルを中心に楽曲を提供し、作曲家としても活躍する。

国内ではダンスグループは「ZOO」が既にその頂点に立っていたが、まだまだ「ダンスミュージック」自体が完全に定着しておらず、90年代初期はビーイングアーティストをはじめとする「J-POPS」路線がヒットを連発していた。
ビーイングブームが真っ只中の93年にはtrfの2ndシングル「EZ DO DANCE」は最高位15位に留まるもロングセールスを続け78万枚のヒットに。同年暮れの5thシングル「寒い夜だから・・・」は50万枚を超えるヒットになり小室サウンドは徐々にポップス路線のユーザーを動かせた。
TMN活動休止を境にプロデュースに専念、94年の5月に発売したtrfの「survival dAnce〜no no cry more〜」が94.6/6に初登場1位、小室プロデュースとしての初のミリオンセラーとなり、ポップス路線は一気にダンスミュージックブームの幕開けとなった。

trf「survival dAnce」.jpg


次第にビーイングブームの勢いが低下、「小室ブーム」は一気にビーイングブームをたたき込むように社会現象となる。
trfは続く「Boy Meets Girl」で2作連続のミリオンセラー、7月発売のアルバム「BILLIONAIRE」は172万枚の大ヒットとなった。
7月21日にはアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーであった篠原涼子が映画アニメ主題歌「ストリートファイターU」の主題歌「恋しさとせつなさと心強さと」を発売。

篠原涼子with t.komuro「恋しさとせつなさと心強さと」.jpg



発売当初は知名度も低く、初登場は8/1で28位(初動売上1.7万枚)であったが、次第に映画の公開と同時に曲は世間に広まり4週目でTOP10入り、9週目の9/26には1位を獲得する。週間最高売上は22.7万枚を売り10週目でミリオンセラーへ。同年には紅白歌合戦に出場し、年明けも売れ続け95.4/3、36週目には200万枚を突破する快挙を打ち出す。
小室自身にとって初のダブルミリオンセラーである。

プロデュースは観月ありさ、内田有紀、H Jungle with t.、華原朋美、globe、安室奈美恵、hitomi、鈴木あみへと広がり、小室プロデュースは確固たる地位を極めた。
「日本レコード大賞」では1995年にtrf、1996年〜1997年に安室奈美恵が2年連続受賞、1998年にglobeと4年連続で小室ファミリーが賞を独占した。
大手外資レコード会社「avex」が急成長できたのも小室哲哉による功績がかなりのシェアを占めており、「avexに小室あり」とまで言われるほど大きい影響と実績を残した。



1994年の小室ブーム序章、年間セールスTOP100よりランクインした作品を記しておく。

<1994年シングル年間>年間占有率 6%

03位 篠原涼子 with t.komuro/恋しさとせつなさと心強さと(年間162.3万枚/最高位1位)
07位 trf/survival dAnce〜no no cry more〜(年間135.4万枚/最高位1位)
09位 trf/Boy Meets Girl(年間135.4万枚/最高位3位)
45位 trf/寒い夜だから・・・(年間50.4万枚/最高位8位)
66位 trf/EZ DO DANCE(年間38.5万枚/最高位15位)
96位 観月ありさ/happy wake up!(年間28.3万枚/最高位3位)

<1994年アルバム年間>
06位 trf/BILLIONAIRE(年間142.3万枚/最高位1位)
09位 trf/WORLD GROOVE(年間88.2万枚/最高位1位)
25位 trf/HYPER MIX V(年間50.0万枚/最高位1位)
40位 trf/EZ DO DANCE(年間36.7万枚/最高位10位)
90位 trf/HYPER TECHNO MIX U(年間20.2万枚/最高位27位)


シングル、アルバムともにtrfの活躍が良くわかります。
ブレイクした94年ではtrfが年間アーティストセールスで120億円を記録し年間1位を獲得した。

では本格的にブレイクした小室ミュージックを1995年から振り返ってみよう。


<1995年シングル年間>年間占有率16%

02位 H Jungle with t./WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜(年間210.3万枚/最高位1位)
11位 trf/CRAZY GONNA CRAZY(年間158.7万枚/最高位1位)
15位 trf/masquerade(年間138.9万枚/最高位1位)
20位 H Jungle with t./GOING GOING HOME(年間126.0万枚/最高位2位)
27位 trf/OVERNIGHT SENSATION〜時代はあなたに委ねてる〜(年間106.3万枚/最高位1位)
36位 globe/Feel Like dance(年間89.3万枚/最高位3位)
47位 globe/Joy to the love(globe)(年間72.8万枚/最高位1位)
54位 篠原涼子 with t.komuro/もっと もっと...(年間62.3万枚/最高位3位)
64位 篠原涼子/Lady Generation(年間53.4万枚/最高位5位)
70位 安室奈美恵/Body Feels EXIT(年間51.0万枚/最高位3位)
72位 trf/BRAND NEW TOMORROW(年間49.1万枚/最高位1位)
78位 globe/SWEET PAIN(年間45.5万枚/最高位2位)
81位 内田有紀/Only You(年間44.5万枚/最高位2位)
86位 華原朋美/I BELIEVE(年間41.5万枚/最高位7位)
87位 篠原涼子 with t.komuro/恋しさとせつなさと心強さと(年間39.8万枚/最高位12位)
89位 hitomi/CANDY GIRL(年間39.2万枚/最高位15位)


<1995年アルバム年間>

02位 trf/dAnce to positive(年間236.7万枚/最高位1位)
18位 trf/hyper mix 4(年間91.3万枚/最高位2位)
45位 篠原涼子/Lady Generation〜淑女の世代〜(年間53.5万枚/最高位1位)
54位 hitomi/CANDY GIRL(年間40.6万枚/最高位3位)
77位 trf/BILLIONAIRE(年間29.8万枚/最高位14位)

前年度よりも売上枚数が一気に増加。シングル年間では5作品がミリオンセラーへ、特にダウンタウンの浜ちゃんとの企画シングルは驚きの200万枚超え!trfの5作品連続ミリオンにも驚くが、小室ファミリーは増加し、同年にはglobe、華原朋美、安室奈美恵、hitomiとその勢力は音楽シーンを飲み込んでゆく。
前年に比べ年間TOP100内に16作品をランクインさせ全体の16%を小室ファミリーが占拠!


<1996年シングル年間>年間占有率19%

02位 globe/DEPARTURES(年間227.2万枚/最高位1位)
08位 華原朋美/I'm proud(年間137.2万枚/最高位2位)
09位 安室奈美恵/Don't wanna cry(年間137.2万枚/最高位1位)
10位 安室奈美恵/Chase the Chance(年間136.2万枚/最高位1位)
13位 安室奈美恵/You're my sunshine(年間109.9万枚/最高位1位)
27位 華原朋美/save your dream(年間80.9万枚/最高位1位)
35位 H Jungle with t/FRIENDSHIP(年間68.8万枚/最高位4位)
38位 華原朋美/I BELIEVE(年間61.3万枚/最高位4位)
41位 globe/Can't Stop Fallin' in love(年間57.1万枚/最高位1位)
43位 globe/Is this love(年間53.7万枚/最高位1位)
53位 dos/BABY BABY BABY(年間49.3万枚/最高位4位)
54位 trf/Love & Peace Forever(年間49.0万枚/最高位2位)
57位 globe/FREEDOM(年間48.5万枚/最高位3位)
64位 安室奈美恵/SWEET 19 BLUES(年間45.3万枚/最高位2位)
65位 globe/SWEET PAIN(年間44.6万枚/最高位3位)
83位 安室奈美恵/Body Feels EXIT(年間37.1万枚/最高位9位)
88位 hitomi/In the future(年間35.7万枚/最高位7位)
96位 trf/Happening Here(年間31.6万枚/最高位3位)
98位 hitomi/Sexy(年間31.4万枚/最高位9位)

<1996年アルバム年間>

01位 globe/globe(年間376.3万枚/最高位1位)
02位 安室奈美恵/SWEET 19 BLUES(年間318.7万枚/最高位1位)
09位 華原朋美/LOVE BRACE(年間240.3万枚/最高位1位)
21位 trf/BRAND NEW TOMORROW(年間100.3万枚/最高位2位)
27位 hitomi/by myself(年間79.8万枚/最高位1位)
83位 trf/THE LIVE(年間32.4万枚/最高位1位)

1996年のシングルTOP10内に小室ファミリーが3作品!
globeのデビューアルバム、安室奈美恵の小室作品第1弾アルバムが年間1位、2位を独占。その売上は300万枚を超えるメガヒットに!
華原のデビューアルバムも200万枚超えと向かうところ敵なし状態。シングル年間は全体の19%を独占した。
小室フィーバーは1996年最高潮を迎える。


<1997年シングル年間>年間占有率11%

01位 安室奈美恵/CAN YOU CELEBRATE?(年間222.3万枚/最高位1位)
04位 globe/FACE(年間132.3万枚/最高位1位)
07位 TK PRESENTS こねっと/YOU ARE THE ONE(年間122.5万枚/最高位1位)
13位 安室奈美恵/a walk in the park(年間106.7万枚/最高位1位)
14位 華原朋美/Hate tell a lie(年間105.9万枚/最高位1位)
23位 安室奈美恵/How to be a Girl(年間77.2万枚/最高位1位)
26位 globe/Can't Stop Fallin' in love(年間74.5万枚/最高位4位)
30位 globe/Wanderin' Destiny(年間73.0万枚/最高位2位)
38位 華原朋美/LOVE IS ALL MUSIC(年間65.3万枚/最高位1位)
78位 華原朋美/たのしく たのしく やさしくね(年間41.7万枚/最高位1位)
82位 globe/FACES PLACES(年間40.4万枚/最高位3位)

<1997年アルバム年間>

03位 globe/FACES PLACES(年間320.0万枚/最高位1位)
07位 安室奈美恵/Concentration20(年間187.9万枚/最高位1位)
51位 globe/globe(年間37.4万枚/最高位7位)
65位 hitomi/deja-vu(年間31.9万枚/最高位2位)

1997年はglobe、安室奈美恵、華原朋美を主導として活躍。
TRFは96年12月のシングル「LEGEND OF WIND」を最後に小室ファミリーから離れ、97年の安室奈美恵電撃結婚、他アーティストへのプロデュースの売上低迷で小室ブームに翳りが見え始める。
その背景には小室以外に「プロデューサー戦国時代」で奥田民生のPuffyや小林武史のMr.Children、MY LITTLE LOVER、伊秩弘将のSPEEDや五十嵐充のEvery Little Thingなどが優勢し、チャートを賑わせた。


<1998年シングル年間>年間占有率10%

42位 安室奈美恵/Dreaming I was dreaming(年間55.9万枚/最高位1位)
47位 globe/wanna Be A Dreammaker(年間50.0万枚/最高位1位)
53位 globe/Sa Yo Na Ra(年間46.0万枚/最高位1位)
54位 安室奈美恵/CAN YOU CELEBRATE?<12cm>(年間45.4万枚/最高位1位)
56位 globe/Perfume of love(年間42.5万枚/最高位2位)
63位 globe/sweet heart(年間39.0万枚/最高位1位)
72位 トーコ/BAD LUCK ON LOVE(年間32.8万枚/最高位14位)
80位 鈴木あみ/arone in my room(年間29.8万枚/最高位3位)
90位 鈴木あみ/love the island(年間26.5万枚/最高位5位)
98位 鈴木あみ/all night long(年間24.4万枚/最高位2位)

<1998年アルバム年間>

11位 安室奈美恵/181920(年間167.7万枚/最高位1位)
12位 globe/Love again(年間165.8万枚/最高位1位)
17位 華原朋美/storytelling(年間136.6万枚/最高位1位)
25位 TRF/WORKS-THE BEST OF TRF-(年間100.0万枚/最高位1位)
77位 トーコ/籐子(年間29.6万枚/最高位3位)
78位 hitomi/deja-vu(年間29.0万枚/最高位5位)

占有率は前年とほぼ横ばいながらセールスではシングルでのミリオンがゼロになった。プロデューサーブームの中で急成長を見せるSPEEDやEvery Little Thingなどの他、「ビジュアル系バンドブーム」の到来により数多くのロックバンドがチャートを賑わせた。
ニューフェイス鈴木あみが小室ファミリー最後のヒットとなる。


<1999年シングル年間>年間占有率9%

17位 鈴木あみ/BE TOGETHER(年間86.3万枚/最高位1位)
29位 安室奈美恵/I HAVE NEVER SEEN(年間65.7万枚/最高位1位)
41位 鈴木あみ/White Key(年間50.3万枚/最高位2位)
43位 安室奈美恵/RESPECT the POWER OF LOVE(年間49.2万枚/最高位2位)
47位 鈴木あみ/OUR DAYS(年間45.9万枚/最高位1位)
50位 鈴木あみ/Nothing Without You(年間41.1万枚/最高位3位)
84位 鈴木あみ/DOn't leave me behind(年間27.4万枚/最高位3位)
85位 安室奈美恵/toi et moi(年間27.2万枚/最高位3位)
99位 TRUE KISS DESTIONATION/Girls be ambicious!(年間22.6万枚/最高位9位)

<1999年アルバム年間>

03位 globe/CRUISE RECORD 1995-2000(年間265.0万枚/最高位1位)
09位 鈴木あみ/SA(年間186.8万枚/最高位1位)
12位 globe/Relation(年間173.0万枚/最高位1位)
36位 華原朋美/KAHARA COMPILATION(年間69.6万枚/最高位1位)
49位 hitomi/h(年間58.6万枚/最高位1位)
57位 globe/FIRST REPRODUCTS(年間50.1万枚/最高位4位)
90位 華原朋美/nine cubes(年間26.1万枚/最高位5位)


鈴木あみ主導による小室ファミリー、核として活躍した安室奈美恵、TRFは前年に、globeや華原朋美、hitomiらは次々と同年にベストアルバムをリリース。
ロックバンドGLAYやラルク・アン・シエル、宇多田ヒカルやMISIA、浜崎あゆみのブレイクに拍車がかかり、1999年、新時代への移行とともに小室ブームは終焉を迎える事となる。


これまで小室哲哉が手掛けた、ミリオン作品を記しておく。

<シングル編>20作品

@ 229.6万枚 安室奈美恵/CAN YOU CELEBRATE?
A 228.8万枚 globe/DEPARTURES
B 213.5万枚 H Junglewith t./WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜
C 202.1万枚 篠原涼子 with t.komuro/恋しさとせつなさと心強さと
D 158.7万枚 trf/CRAZY GONNA CRAZY
E 139.0万枚 安室奈美恵/Don't wanna cry
F 139.0万枚 華原朋美/I'm proud
G 138.9万枚 trf/masquerade
H 137.6万枚 trf/survival dAnce〜no no cry more〜
I 136.2万枚 安室奈美恵/Chase the Chance
J 132.3万枚 globe/FACE
K 131.6万枚 globe/Can't Stop Fallin' in Love
L 128.5万枚 trf/Boy Meets Girl
M 126.0万枚 H Jungle with t./GOING GOING HOME
N 122.5万枚 TK PRESENTSこねっと/YOU ARE THE ONE
O 109.9万枚 安室奈美恵/You're my sunshine
P 106.7万枚 安室奈美恵/a walk in the park
Q 106.3万枚 trf/OVERNIGHT SENSATION〜時代はあなたに委ねてる〜
R 105.9万枚 華原朋美/Hate tell a lie
S 102.8万枚 華原朋美/I BELIEVE

<アルバム編>16作品

@ 413.6万枚 globe/globe
A 336.0万枚 安室奈美恵/SWEET 19 BLUES
B 323.9万枚 globe/FACES PLACES
C 276.3万枚 globe/CRUISE RECORD 1995-2000
D 257.1万枚 華原朋美/LOVE BRACE
E 238.2万枚 trf/dAnce to positive
F 193.0万枚 安室奈美恵/Concentration20
G 189.9万枚 鈴木あみ/SA
H 173.0万枚 globe/Relation
I 172.1万枚 trf/BILLIONAIRE
J 169.1万枚 安室奈美恵/181920
K 165.8万枚 globe/Love again
L 136.6万枚 華原朋美/Storytelling
M 106.3万枚 鈴木あみ/infinity eighteen vol.1
N 100.3万枚 trf/BRAND NEW TOMORROW
O 100.0万枚 TRF/WORKS-THE BEST OF TRF-

この数字を見ると改めて小室ブームの凄さを感じてしまう。
シングル20作品、アルバム16作品、計36作品のミリオンセラーを生んだ天才的プロデューサー。
うちシングル200万枚超えが4作品、アルバムは6作品と尋常ではない実績である。


最後に1990年代の小室哲哉の年代別売上金額を見てみよう。

◆小室哲哉 年代別作曲売上金額(1990年〜1999年)
(売上単位:10万円)

年号/年間順位/売上金額

1990年度/1位/151,258
1991年度/9位/126,785
1992年度/17位/102,275
1993年度/38位/78,386
1994年度/1位/610,407
1995年度/1位/1,492,405
1996年度/1位/1,616,485
1997年度/1位/1,181,097
1998年度/2位/443,062
1999年度/2位/499,307

1990年代計/6,301,467


な、なんと・・・90年代の10年間で6300億円!!TKが音楽業界に与えた功績は計り知れない。
1995年〜1996年がやはりピークですね。まさにミリオンが湧き出るように生まれた年でした。
4年間の作曲家年間セールスでTOPに君臨しましたが、98年に伊秩弘将に、99年には宇多田ヒカルに1位を奪還されてしまいました。

この小室ブーム、今この時代に聴いてもその完成度は高く、そして古臭くない。
あの名声をもう一度、この氷河期の音楽業界に嵐を巻き起こして欲しいと心から願う。
【関連する記事】
posted by nammy at 00:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徹底解析シリーズ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324021795
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック